通学プランの中にも魅力的なものは数多くあります。にもかかわらず合宿を選ぶ理由は免許取得までのスピードだけでしょうか。20歳前後の若者が集い、宿舎が同じであれば共同生活を半月に渡って営むわけですから、「出会い」を求めて参加する人も少なくありません。ですが、半月で相手に深い関心を抱く可能性は低く、合宿所での出会いはあくまでもきっかけに過ぎません。合宿所で教習を受ける受講生の多くは遠方の出身者であり、教習所を卒業すれば、お互いに恋愛関係を維持するのが難しくなります。ですから合宿を紹介する代理店の情報提供が選択基準として重要です。代理店の提供するパンフレットやHPには男女比や出身地の比率が示されていることが多く、参考になるでしょう。

とはいうものの、絶対にナンパする、絶対に彼氏を作る、などといった過度の意気込みは危険です。「フィーリングが合う人がいれば」程度の期待を超えるべきではありません。例えば気になる人の連絡先を聞き出そうとして、相手と学校とに問題人物だと見做されれば、その後の教習を受け辛くなります。また強引に迫ってストーカーだと思われれば、警察が介入することさえ想定されます。そうなれば免許取得はおろか、人生を棒に振りかねません。

ところで、反対にナンパ等を避けたくて、対象を同性に限定した合宿所を探す人もいます。女性専用の教習所は男性の眼差しを避けられるばかりでなく、エステのような特典や女性向けの設備が充実しているものです。恋愛に興味のない人は、一人でゆっくり過ごすことのできるシアタールーム等も備わった宿舎を選ぶとよいでしょう。合宿所の立地は田舎が多く、外出してストレスを発散できないこともあるため、施設内設備の充実は肝要です。