合宿免許にも実しやかな噂が存在します。例えば、「意外に暇だ」というのもそれです。自動車学校のスケジュールの組まれ方は様々ですが、一日に複数の講義を受ける場合、それらの講義同士が時間的に連なっているとは限りません。「2時限と4時限」といった具合に組まれている場合、3時限目は時間の過ごし方に迷います。観光に出かけられるほどの長さでもなく、結局は校内で過ごす他ないのです。

 他にも「イベントが用意されている」といった噂があります。学校によってはたくさんのイベントが料金の内訳に含まれるようで、キャンプやハロウィン等が頻繁に開催されるそうです。友達を作って騒ぎたい人に向けられたプログラムなので、興味のある人は調べてみるとよいでしょう。

また「指導員は皆個性的で面白い」とも言われています。合宿所の立地は自然豊かであることが多く、それが魅力でもあるのですが、換言すれば遊ぶのには適していないところです。景観に飽きたら指導員を観察してみましょう。教習所から宿舎に戻った後、受講生の間で必ず交わされるのが指導員の情報です。学校によっては指導員の指名が可能なので、そうした情報を基に相性の良い指導員を選択することができます。

噂の中には心配になるものもあります。「素行の悪い人、言動の下品な人も少なくない」のだそうです。実際に喧嘩や盗難は発生しているようで、注意するに越したことはありませんが、他人を色眼鏡で見ないことも大切です。また昔は指導員のセクハラや暴言は珍しくありませんでしたが、今ではSNS等ですぐに悪い噂が広まるため、学校の社員教育も厳格に実施されています。問題だと感じたらすぐに相談、通報することは留意するにしても、心配し過ぎる必要はないでしょう。